投稿者: 3710

DJIレポート No.125

おもな内容

  • それでも開催?東京オリンピック…………………………1
  • 散歩道・ワクチン接種と記録管理/拾い上げ収集………2
  • 消息/文献紹介/あしあと………………………………………3
  • 活動/巻末随想 毎日お便りその後、ほか…………………4

昨年、コロナ禍で開催を1年延期した東京五輪&パラは、7月21日の女子ソフトボールを皮
切りにとうとう開催です。コロナ感染者数は7月11日の緊急事態宣言発出を境に再び増加の
一途の中で、無観客開催とか、小学生が学校行事として観戦に駆り出されるとか、これで
コロナに打ち勝つという首相コメントまで、右往左往の政府からのメッセージは、見るだ
けで疲れます。加えて、7月中旬の梅雨明けで「危険な暑さ」の日々が追い打ち…。

さて、No.125 の巻頭は「それでも開催?東京オリンピック」、コロナ禍の下で強引に開催される東京オリパラへのDJIの考察をご覧ください。

2頁【アーキビストの散歩道】は「ワクチン接種と記録管理」と「拾い上げ収集」の2つのエッセイ。思いのほかスピーディに2度の接種を受けた筆者の体験から、ワクチン接種をめぐる記録管理の実態を想像したり、廃棄対象とされた資料をアーカイブしたいときにどんな配慮が必要かを考えました。巻末随想は「毎日1枚お便りを…その後」「庭のつるバラ」「あちこち痛い」の3件です。

今号も、アーカイブと記録管理をめぐる話題あれこれ、お楽しみいただければ幸いです。

DJIレポート No.123

おもな内容

  • 米国大統領選挙報道byCNN………………………………………………………1
  • 視点・21世紀デジタルアーカイブ年表解説付……………………………………2
  • 散歩道・大山捨松の手紙……………………………………………………………3
  • 消息/やぶにらみ文献紹介/あしあと/活動…………………………………………4
  • 巻末随想 鳥取県公文書館/JICA緒方平和研究所他………………………………5

2020年はコロナとともに過ぎました。2021年1月31日付DJIレポートは、1面に米国大統領選挙報道への感想を掲げました。
昨年秋にスタートしたオンライン授業の成果の一つが、2面掲出の「デジタルアーカイブ年表」です。
アーカイブ探索も、デジタルアーカイブが整備されてきたために、気軽に楽しめるようになりました。大山捨松の手紙の存在がものの数分で探索できるなんて、スゴイです。

以上、アーカイブをめぐる話題あれこれ、お楽しみいただければ幸いです。

DJIレポート No.122

DJIレポート    №122 20201031 

おもな内容

  • 日本学術会議問題…………………………………………1
  • 視点・終戦記念日vs.対日戦勝記念日……………………2
  • 消息/やぶにらみ文献紹介/あしあと/活動………………3
  • 巻末随想 松本市考古博物館/JICA緒方研究所他………4

ひとくちメモ

1頁は、日本学術会議問題。菅氏は、総理大臣として早速日本学術会議の人事に介入し、物議をかもしている。2020年10月末現在でとらえたこの話題を、国立公文書館設立のきっかけとなった1959年公文書散逸防止についての勧告につなげた。

2頁は靴を脱いだハリー王子の写真に端を発した戦争終結手続きと記録。まだ10歳のハリー王子が靴を脱いだ写真との出会いは、意外な展開を見せた。写真のシーンは8月19日の対日戦勝記念日パレード、8月15日終戦記念日は日本国内のことであり、世界大戦の終結は降伏文書調印が行われた9月2日である。戦争終結は降伏文書調印という手続きを経て成立し、証拠記録たる降伏文書そのものは公文書館が保存していることまで、発見したことを報告している。

3頁には訃報2件。

お楽しみください。

DJIレポート No.121

おもな内容   

コロナのグローバル性………………………………………1
視点・Black Lives Matter…………………………………2
消息/やぶにらみ文献紹介…………………………………3
あしあと/活動 巻末随想・オンライン終業式…………4

ひとくちメモ

コロナ禍のもと、withコロナ時代に入った2020年7月にNo.121を発行しました。

今号ではコロナで在宅を基本だった5月から緊急事態宣言解除後の7月末までの日常・非日常を,テーマはアーカイブに限定せず所感を集めました。文献紹介では、図書館の本と自分の本との違いの発見にふれています。

紙面の都合で書きそびれましたが、オンラインお茶会、飲み会は、活動記録の中に何度か散見されました。Withコロナ時代の活動の特色だと思います。Withコロナのこの時代の入口、将来どのようにみえるだろうか。。。

DJIレポート No.120

2020年に入っても、自ら「森羅万象を司る」と宣う安倍首相(と日本政府)は相変わらず嘘をつき続けています。2月に入り、日本でも新型ウイルス感染症が広がり、不安な毎日になりました。
日本では公表されている感染者数統計数値は比較的少数ですが、統計そのものがあやふやなので不安を増幅させます。今年に入ってからというもの、新型ウイルスコロナ禍が世界規模の不安となる中で、私は心落着かず筆進まず、時間ばかりが過ぎました。

今回も約半年ぶりの発行となりました。日本国の存続にさえ不安を感じる中での発行でしたが、何とかここまで漕ぎつけました。アーカイブと現今のコロナ禍、日本政府のウソへの怒りなど、どうぞご笑覧ください。

DJIレポート    №. 120  20200510 おもな内容


主張 サクラ問題の根底にあるもの……………………………1
視点 襲いかかる不安…………………………………………2
消息/やぶにらみ文献紹介/あしあと/活動……………………3
巻末随想Ogata Project/コロナ除け/湘龍訃報………………4

1月ごろに新型ウイルス感染流行が中国武漢に始まりました。
2月、3月、4月と日を追うごとに感染者は増大し、イタリア、フランス、スペイン、英国など西ヨーロッパの主要各国で中国をしのぐ爆発的感染となりました。さらにこれを追うように米国でも感染が拡大し、世界で感染者数が最大となり、トランプ大統領の「アメリカ、ファースト」が、4月5月には「アメリカ、ワースト」に聞こえます。途上国の様子は日本にいるとわかりませんが、どんなことが起きているのでしょうか。