カテゴリー: DJIレポート since 1995

    All DJI Report update post

DJIレポート No.126

おもな内容

  1.  国民審査への呼びかけの記録
  2.  アーキビストの散歩道
     ①屋敷墓地
     ②川崎市民ミュージアム展示
     アーキビストの消息
  3.  やぶにらみ文献紹介
     チヨコのあしあと
     国際資料研究所の活動2021.7.21~11.10
  4.  巻末随想
     公文書館と文書管理
     早朝散歩

DJIレポートNo.126、発行日付は2021年11月10日です。猛暑の夏には東京2020オリパラをにらみ、9月下旬発行を目指していました。しかし、スガ総理大臣の突然の辞任、岸田新総裁の登場と国会解散で、10月末日の総選挙が行われました。総選挙に際し、国際資料研究所では総選挙と同時に行われる最高裁判事国民審査への私見を公表したので、その記録を1面に掲載しました。
その背景には、公文書管理法制度誕生前の検討委員会での議論と、それが行政と政治の中で現実のものとなる過程で私が味わった失望「感」がありました。それが今度の国民審査に当たり、私には明確な「失望」に変化したと感じられ、そのことに私は怒りました。これは私の怒りの記録です。

2面、アーキビストの散歩道シリーズは、のどかな話題です。近所に散在する屋敷墓地を見て地元との絆が芽生えた経験は、穏やかな郊外住宅地暮らしの成果です。消息欄はオーストラリア、カナダ、スイスとアルゼンチン、そして東京発と、結構色とりどりです。

巻末随想には、写真を入れました。小さな画像ですが、お楽しみいただければ幸いです。

DJIレポート No.125

おもな内容

  • それでも開催?東京オリンピック…………………………1
  • 散歩道・ワクチン接種と記録管理/拾い上げ収集………2
  • 消息/文献紹介/あしあと………………………………………3
  • 活動/巻末随想 毎日お便りその後、ほか…………………4

昨年、コロナ禍で開催を1年延期した東京五輪&パラは、7月21日の女子ソフトボールを皮
切りにとうとう開催です。コロナ感染者数は7月11日の緊急事態宣言発出を境に再び増加の
一途の中で、無観客開催とか、小学生が学校行事として観戦に駆り出されるとか、これで
コロナに打ち勝つという首相コメントまで、右往左往の政府からのメッセージは、見るだ
けで疲れます。加えて、7月中旬の梅雨明けで「危険な暑さ」の日々が追い打ち…。

さて、No.125 の巻頭は「それでも開催?東京オリンピック」、コロナ禍の下で強引に開催される東京オリパラへのDJIの考察をご覧ください。

2頁【アーキビストの散歩道】は「ワクチン接種と記録管理」と「拾い上げ収集」の2つのエッセイ。思いのほかスピーディに2度の接種を受けた筆者の体験から、ワクチン接種をめぐる記録管理の実態を想像したり、廃棄対象とされた資料をアーカイブしたいときにどんな配慮が必要かを考えました。巻末随想は「毎日1枚お便りを…その後」「庭のつるバラ」「あちこち痛い」の3件です。

今号も、アーカイブと記録管理をめぐる話題あれこれ、お楽しみいただければ幸いです。

DJIレポート No.124 

おもな内容

  • 誕生国立公文書館認証アーキビスト ………………………1
  • 散歩道・のり子さんとの邂逅2回 ……………………………2
  • 消息/やぶにらみ文献紹介/あしあと …………………………3
  • 活動/巻末随想ルーマニア語/年賀状もう出さない …………4

「誕生‼国立公文書館認証アーキビスト」は、今年1月8日に発表された国立公文書館認証アーキビストの解説です。誕生した国立公文書館認証アーキビストは190人でした。なお、認証アーキビストの取得を目指す大学院のコースが複数、4月に発足している模様です。

「消息」は、2020年3月以来の人事情報9件、訃報2件など、「文献紹介」では、沖縄県公文書館の印刷物編集へのDJIからの敬意表明、他を取り上げました。

巻末随想「もう年賀状は出さない」はDJI決意表明です。

以上、アーカイブをめぐる話題あれこれ、お楽しみいただければ幸いです。

DJIレポート No.123

おもな内容

  • 米国大統領選挙報道byCNN………………………………………………………1
  • 視点・21世紀デジタルアーカイブ年表解説付……………………………………2
  • 散歩道・大山捨松の手紙……………………………………………………………3
  • 消息/やぶにらみ文献紹介/あしあと/活動…………………………………………4
  • 巻末随想 鳥取県公文書館/JICA緒方平和研究所他………………………………5

2020年はコロナとともに過ぎました。2021年1月31日付DJIレポートは、1面に米国大統領選挙報道への感想を掲げました。
昨年秋にスタートしたオンライン授業の成果の一つが、2面掲出の「デジタルアーカイブ年表」です。
アーカイブ探索も、デジタルアーカイブが整備されてきたために、気軽に楽しめるようになりました。大山捨松の手紙の存在がものの数分で探索できるなんて、スゴイです。

以上、アーカイブをめぐる話題あれこれ、お楽しみいただければ幸いです。

DJIレポート No.122

DJIレポート    №122 20201031 

おもな内容

  • 日本学術会議問題…………………………………………1
  • 視点・終戦記念日vs.対日戦勝記念日……………………2
  • 消息/やぶにらみ文献紹介/あしあと/活動………………3
  • 巻末随想 松本市考古博物館/JICA緒方研究所他………4

ひとくちメモ

1頁は、日本学術会議問題。菅氏は、総理大臣として早速日本学術会議の人事に介入し、物議をかもしている。2020年10月末現在でとらえたこの話題を、国立公文書館設立のきっかけとなった1959年公文書散逸防止についての勧告につなげた。

2頁は靴を脱いだハリー王子の写真に端を発した戦争終結手続きと記録。まだ10歳のハリー王子が靴を脱いだ写真との出会いは、意外な展開を見せた。写真のシーンは8月19日の対日戦勝記念日パレード、8月15日終戦記念日は日本国内のことであり、世界大戦の終結は降伏文書調印が行われた9月2日である。戦争終結は降伏文書調印という手続きを経て成立し、証拠記録たる降伏文書そのものは公文書館が保存していることまで、発見したことを報告している。

3頁には訃報2件。

お楽しみください。